menu 



【昼寝】
 
 
徹夜明けのまっ昼間
 
空気の揺れを感じながら
 
フラフラ寝床につく だらりん
 
 
仰向けで枕を威圧して
 
両の手のひら 胸の上
 
こんな腐りかけの魂でも
 
持っていかれちゃ たまったもんじゃない
 
行けるとこまで行くって決めたんだから
 
 
死神さんよ 出番はまだだよ
 
 
真っ白な天井しばし見つめて
 
腫れた瞼で目玉を覆う
 
少しは眠らなくちゃね
 
次の朝こそ晴々と迎えるために
 
 
繰り返しの日々たちに
 
頭を抱えるのは苦痛だけど
 
それが生きた証になるならば
 
一生懸命歯磨きするよ
 
 
ほら 眠りの天使が降りてきた
 
恐くないさ 恐くなんてないさ
 
 
悪いね 死神さん
 
出番はまだだよ まだまだだよ
























































index