menu 



【出発】
 
 
桜前線が北へと移るこの時期
 
初めての列車に乗って 私は行きます
 
 
何かが終わるとき 何かが始まる
 
しつこく噛んでいた 口の中のガムを
 
銀紙に包んで ゴミ箱へ投げ捨てる
 
それが私の第一歩
 
 
さすらいに目的地は定めません
 
ふと気に入る街をテクテクと探します
 
 
大好きだったあの絵とも さようならです
 
でも 大丈夫
 
全部しっかりと脳裏に焼き付いて
 
一生記憶から離れることはありませんので
 
ご安心あれ
 
 
旅立ちに多くの荷物は禁物です
 
これからが本当の人生
 
わかるまでに30年以上かかってしまいましたが
 
全てここに至るまでの試練だったのでしょう
 
 
今がチャンス
 
チェンジがチャンス
 
まだ見ぬ北の桜がそう叫んでいるように聞こえます
 
 
風花が舞い降りてきました
























































index